NISTに関する情報サイト

初心者でもわかる!NISTとは一体何かとその重要性についてご紹介します

初心者でもわかる!NISTとは一体何かとその重要性についてご紹介します 米国国立標準技術研究所は米国内のルールを敷いていますが、例えば国外の民間企業であっても、基準に達していなければ撤退されられる可能性があるのです。
では通称NISTがどのような基準を設けているかということをご紹介していきます。
NISTが作成した基準として「NIST SP800-171」というものがあり、日本企業がどのような影響を受けるのかというと、たとえばアメリカに設立した日本企業がその規定に達していなければ撤去させられる可能性があるということを示唆しています。
日本はセキュリティ分野においては未だ後進国であり、脆弱なシステムはプロのハッカーによる攻撃ではなく、いち個人から情報が流出するという事件が多数起きています。
今後はもっとセキュリティ対策に力を入れて世界を追いかける必要があるでしょう。

サイバー攻撃に備えるために守りたいNISTのガイドライン

サイバー攻撃に備えるために守りたいNISTのガイドライン デジタル化を進めることにより、アナログ時代から企業の業務は効率化が進みました。
しかしデジタル化には効率化を進めるメリットだけではなく、サイバー攻撃を受けるデメリットがあります。
自社には関係ないと思われがちなサイバー攻撃ですが、ネットワークを活用しデジタル化を進める以上セキュリティリスクは必ずあるので、しっかりと対策を考え対応していかなければいけません。
企業におけるセキュリティ対策は、国が主導しフレームワークやポリシーを作成しています。
日本でも経済産業省とIPAがガイドラインを作成し公開しており、セキュリティ対策を考えるときに役立つでしょう。
アメリカでのガイドラインは、アメリカ国立標準技術研究所であるNISTが作成しています。
NISTのガイドラインはアメリカ国内で有効な基準なため、日本企業には適用されないと思うかもしれません。
しかしNISTのガイドラインを守れていないと、アメリカでのビジネスから除外される恐れがあります。
グローバルにビジネスを展開するためには、相手国が定めている基準やルールを守るのは当然のことなので、サイバー攻撃に備えるためにもNISTのガイドラインも守るようにしましょう。

アメリカ国立標準技術研究所NISTについて

現代社会は、先端科学技術によって支えられています。様々な場面で、精密な制御が必要となってきました。そのような高度な制御を行うためには、様々な事について高い精度で計測を行う必要が出てきます。
そのようなことで、世界各国において測定技術やその起源に関する研究を行っているところがあります。
これらの研究所が、その国の計量に関する大本を担うことになります。様々な物理基準は世界的に決められていますが、各国の現場で実際に用いられる基本はこの世界基準に基づいて各国ごとに定められます。
すなわち、取引などで使われる計測の大本はその国で定められた機器を用いて構成することとなっています。 アメリカにおけるこのような研究の大元となるのが、アメリカ国立標準技術研究所NISTです。
NISTは、米国国内の様々な計測の計測機器の標準を定める研究所です。また、計測に関わる様々な研究も行なってきました。
NISTの研究成果は、ITやその他の先端産業から商取引にいたるまでの幅広い分野で活用されています。

NISTは日本でどのように扱われているのか

NISTというかなり精度が高い出生前検診ができるようになり、障がいが最初からある程度分かるような検査が可能となりました。現在日本では任意ですが、NISTを30万程度の値段で指定の医療機関で受けることができるのです。
考え方は様々ですが、命の選別というニュアンスだけでなくあらかじめ心の準備をするためにという意味で受ける人が増えているのも事実です。
あらかじめ知っておくことにより、医師も出産の時の対処ができますし、両親も受け入れる心の準備をすることが可能です。
そういった意図でも、NISTはさらに広めることで救われる人も増えるのは事実ではないでしょうか。日本でも専用機関だけでなく、医院などの小規模なところでも検査できるようになるといいます。
選択は親によって決められるため、色々な人もいるとは思いますが、決して後ろ向きではなく前向きに考えても、今から必要となってくる検査だといえるのです。興味がある人は、是非利用してみて下さい。

NISTによる影響力はどのようなものがあるのか

NISTという出生前検査が現在、かなり精度が高く検査をすることが可能です。遺伝に先天的な異常がある子に対してはほぼ100パーセントに近い的中率で当てることができるために、NISTの影響力で中絶をする人の人数も増えたという報告もあります。
確かにそういった一面が出てくるところは否めませんが、技術を前向きに使用して命を守る選択をした両親もいっぱいいます。生まれてくることが分かると、ある程度の心構えと下準備ができるのです。
医師も出産のときにトラブルが起きやすいので対処ができますし、両親も心の準備をして迎えることができます。またそれ以外の選択をした人も、悩んだ末での結論であるならば一つの道として私たちが非難する資格もないのではないでしょうか。
一つの権利として、こういった検査もあることをもっと知らせた方が良い面もあります。確かに影響力は絶大ですし、受けようとする人に中絶を意識する人もいるでしょう。しかし、助かる人もいるはずです。

NISTを取り行う背景にはいろいろな事情がある

NISTという新生児の出生前検査が近年受ける人が増えてきています。NISTは、ダウン症を発見する精度はほぼ100パーセントに近い性能を誇るために、受ける人数が増えると同時に中絶する方も増えたという背景があります。
ダウン症児はイメージしているよりも、育てやすくてその子の個性があるので、一概に心配せずとも杞憂に終わることもほとんどあるのです。
しかし実情としては、やはり出生前に分かった場合は、中絶する人がほとんどである現実があるのです。
命の選別を生まれる前からしていいかの議論は永遠に正解のない議題ですが、一つの手段として色々な人に認知する必要はこれからあるのではないでしょうか。一概にすべてが異常が見られたから堕胎する人ばかりではありません。分かったうえで産むことを決めた方もいます。
そういった人は、気持ちの整理をつけたといい、先生の方も起こりやすいトラブルを想定したうえで対処できたとも話しているのです。

NISTのリスクマネージメントシステムによる脅威発生可能性推定

米国国立標準技術研究所NISTは、様々な計測技術の基準に関係研究を行い米国における標準を定めているところです。そのことから、情報セキュリティに関わる様々な研究結果からそのマネジメントシステムに関する提言を行ってきています。
このシステムの概要は以下のとおりです。まず発生し得る脅威の源を特定しそのことにより発生する事項の想定を行い、それから影響を受ける脆弱性などを明らかにします。
これらの結果として、実際にどのような脅威が発生するかということの可能性を明らかにするとともに、その影響の大きさについても推定を行います。
このようなことから想定される脅威からのリスクを判断することを行いますが、このNISTによるリスクマネジメントシステムを具現化することで、インターネットにおいて発生する様々なリスクに対処できるような体制を整えることを目標とします。
セキュリティが懸念されているインターネットに関連する技術について、基本的な標準を与えるものとして考えられています。

NISTはアメリカ政府に属する度量衡を管轄する機関

NISTは正式にはNational Institute of Standards and Technologyといって、日本語では国立標準技術研究所と訳されます。
アメリカ合衆国の計量について研究や標準化を担当している技術機関で、本部はメリーランド州ゲイザースバーグにあり、コロラド州ボルダーに研究所を有しています。所長は合衆国大統領によって指名され上院の同意が必要なポジションです。
NISTの任務には様々なものがありますが、中でも重要なものとして、純度が最高で正確な量の標準物質の提供と公式標準時の公表があります。また、「Handbook44」という名称の本を毎年出版しています。
この本には計測機器の仕様や許容誤差といった内容が記載されており、日本のJISハンドブックに近い存在です。
その他、アメリカ政府の指示により様々な調査・研究も行ってきており、その中には例えば2001年のアメリカ同事多発テロで崩壊した世界貿易センタービルの原因調査もありました。

NISTのガイドラインはアメリカでビジネスするのに必要

NISTは米国国立標準技術研究所のことで、おもに情報セキュリティに関連した基準やガイドラインを提供している機関です。
アメリカでビジネスとしていく場合、NISTが提供しているガイドラインに準拠している必要があります。具体的にはCUIと呼ばれる保全が必要な情報を取り扱うためには、守るべきセキュリティ項目をすべて守る必要があるというものです。
これは調達先にも言えることで、例えば調達先に国家の情報を提供しないなどになります。最近中国からのスパイやハッカーが国家機密を入手する活動が盛んに行われており、アメリカとしても危惧している状態です。
このため軍事品などの武器の調達やレーダーなどに使う半導体には、中国製の部品を使うことを禁じるようになりました。
これは半導体ひとつでも、プログラムによって外部に流出させる危険性があるからにほかなりません。加えて、このような情報を開示しない国に対しても取引を制限しているのです。

NISTのガイドラインへの準拠が必要な理由

業務で重要な情報を扱うなら、NISTの詳細について把握することが望ましいです。これは米国の機関であり、そこが出しているガイドラインに準拠することがポイントになります。
CUIに分類される情報の取扱いにおいて、関連する企業が守らなければなりません。そのセキュリティの項目が10以上の分野に及んでおり、総数はとても多いです。
しかし、それを満たしていない限り、少なくとも米国の政府は購入しないと判断されます。言い換えると、米国政府の機関を相手に取引するなら、このガイドラインに従うことが条件となっています。
NISTへの準拠は日本の防衛の観点でも注目されており、民間企業は決して楽観的に考えてはいけません。情報システム部などでは常識かもしれませんが、他の部門ではあまり知られていないのが実情です。
したがって、社内で周知徹底させる工夫をすることも大事です。リスクを最小化したいなら、対応を先延ばしにするのは得策ではありません。

NISTの取り組みは全ての日本企業に関わる話。

NISTとは米国国立標準技術研究所のことを言い、アメリカの経済的安全保障を強化することを目的にガイドラインを作成しています。
日本企業には関係ないと思う方も少なくありませんが、既に日本でも防衛省と取引のある企業ではこのNISTのガイドラインを遵守しなければならないルールが存在します。
つまり、このガイドライン守れない民間企業は防衛省と取引ができないというわけです。ガイドラインの内容は情報セキュリティに関するものがメインで、サイバーリスクを特定し、実際にサイバー攻撃があった場合の防御、検知、被害を抑制する対応、復旧などが定められています。
防衛省に直接商品やサービスを納品している会社のみならず、下請け会社や孫請け会社にも適用されるのが原則ですから、他人事ではないと言えるでしょう。
また、このガイドラインは今のところ日本では防衛分野のみに適用されていますが、幅広い産業においてもこの考え方が取り入れられる可能性もあります。
そしてその対象は、政府や地方自治体の入札に参加する企業、あるいはその下請けや孫請け会社も対象になるかもしれません。こうなると、多くの日本企業が関わります。

NISTで分類されるクラウドサービスの種類と特徴

アメリカのNISTはいわゆるクラウドのサービスモデルとして、主に3種類を定義しており、それぞれに特徴がありますがそれはどういったものでしょうか。
クラウドサービスの1つIaaSは演算やネットワーク、そしてストレージといったコンピュータのリソースとNISTは定義しているのが特徴です。
リソースを組み合わせて希望する環境を得たり、活用することができますから、クラウドの花形といっても過言ではないです。
NISTが定義するPaaSは、インフラにシステム開発に求められる環境が備えられていたり、インターネットが使える環境であればどこからでも利用できるものとしています。
デフォルトで既に開発環境がセット済みで、IaaSと比べて環境の構築に手間が掛からないのが魅力です。SaaSはソフトウェアをインターネット経由で提供するもので、例えばWebメールもここに分類されます。
ローカルの環境を用意したり、インストールや設定が不要で、すぐに利用が始められるものとNISTは定義していますから、これらの違いを知ることが使い分けに役立つのではないでしょうか。

NISTはあらゆるカウンセリングを実施していく

出産の際に染色体異常等を事前に発見するNISTと言う検査方法があります。いろいろなレディースクリニックなどで採用されていますが、感染後重視した取り組みが一般的となっています。
まずは実施する前のプロセスや費用やどのような検査かを知るためのカウンセリングで、一般的には夫婦で行います。
お互いがベクトルを合わせて検査に臨む必要があるためです。検査の結果で、万が一陽性と出た場合にもすぐに中絶をするのではなく、夫婦でどのような考えになっているかをじっくり時間を与えていきます。
専門のカウンセラーが駐在している場合が多くあり、仲介する役割も果たしているのです。このようなカウンセリングを徹底してから、最終的に中絶をするかどうかの判断を夫婦で決めていくことになります。
NISTプロセスは、クリニックのホームページ事前に確認することができますし、はじめに無料相談という形で対応している場合もあるので、事前に確認しておくことが重要となるのです。

ISMSとアメリカのNIST CFSとは別物

NISTは、アメリカの政府機関(商務省)で日本語では米国商務省標準化技術研究所になります。アメリカの中では最も古い物理科学研究所といわれており、標準・計測・技術を提供している非規制機関です。
スマート電力グリッド・健康医療電子記録・原子時計・高度なナノ材料・コンピュータチップ・グローバル通信ネットワークなど、これらはNISTが手掛け提供されるテクノロジーの一例です。
サイバーセキュリティ強化法の施行に伴い、サイバーセキュリティリスクに関するフレームワークを識別・策定するといった役割が追加されたといいます。
重要インフラのサイバーセキュリティの改善により策定されたのがサイバーセキュリティフレームワークでもあるCSFで、NIST CFSと呼びます。
セキュリティ管理における仕組みにはISMSがありますが、これは情報セキュリティに関しての管理の仕組みのことで情報セキュリティマネジメントシステムであり、NIST CFSとは別物です。

非保険でも効果的なセキュリティ対策をNISTでする

NISTは米国国立標準技術研究所のことを指しますが、世界中に多大の影響を与えています。そこが作成したセキュリティのガイドラインは注目を集めています。
またNIST関連のシステムを使うことで非保険であっても、かなり高いレベルでセキュリティ対策を行うことが可能です。
NISTはセキュリティに関する重要なルールやガイドラインを規定しているからであり、米国の情報技術の標準化に貢献しています。
このガイドラインは、情報セキュリティの基本的な要件や手順を示しているので効果的です。例えば重要なデータや情報にアクセスできるのは、関係者のみであることが規定されています。つまり機密情報は誰にも知られたくないということです。
国内は全般的に安全対策が甘いと言われていますから、これは企業や組織にとって非常に重要です。情報漏洩やセキュリティの脆弱性は、大きなリスクとなり得ます。
個人情報が外部に漏れてしまうと大変なことになるからです。そのためガイドラインを参考にして、しっかりと安全対策を行うことが求められます。

NISTによる標準策定プロセスとはどういうものか

NIST(National Institute of Standards and Technology)は米国商務省傘下の連邦政府機関であり、科学技術政策の策定や標準化の推進、計測・計量の実施などの業務を担います。
ITセキュリティやサイバーセキュリティに関する標準化においても重要な役割を果たしており、その標準策定プロセスは国際的に広く参照されます。
このプロセスは、大きく分けて以下の3つの段階からなります。まず対象となる分野や技術に関するニーズを調査します。この調査には自身による調査のほか、政府機関や業界団体や学術機関などの関係者からの意見を聴取することもあります。
ニーズ調査に基づいて、標準のドラフト(案)を策定します。このドラフトは、機関内のスタッフや外部の専門家によって作成されます。
ドラフトが公開されると、関係者からフィードバックを得るためのパブリックコメント期間が設けられます。
この期間中、関係者はドラフトに対する意見や修正案を提出することができます。パブリックコメントの結果に基づいて、NISTはドラフトを改訂します。改訂されたドラフトは、再びパブリックコメントに付されることもあります。
パブリックコメントを経て最終的に承認された標準は、NISTのウェブサイトで公開されます。必要に応じて、技術報告書(Technical Report)として発行されることもあります。

若者に人気のNISTカウンセラーが行うこと

NISTは、科学技術の発展を支援するためにさまざまな研究や検証を行っています。NISTと言う名前をあまり耳にすることはないかもしれません。
しかし身近なところでも関わっているので、縁の下の力持ちということもできます。例えばコンピュータやインターネットのセキュリティの基準を作ることや、計量の基準を定めることなどがあり、まさにあらゆるものの根底にあると言えます。
それは人の手によりプログラムを行っていくのが一般的です。そのなかでもカウンセラーは、若者たちが科学技術に興味を持つきっかけを提供してくれます。
次の世代型の教育プログラムと言っても過言ではありません。現在多くの若者がNISTカウンセラーになりたいと考えて将来の目標としています。
科学技術の未来を担う人材の育成に力を入れている学術機関なので、今後も更なる期待が寄せられています。宇宙飛行士になることはできないまでも、それを陰で支えることが可能です。

NISTの最新情報をもっと

NIST